Web magazine exploring value in a unique and personalized creation of real life.
Web magazine exploring value in a unique
and personalized creation of real life.

最近おもしろいと思う敷地について

道路には面してない建物があって細い通路のみで道路につながっているってやつです。今回はそれがどんな風にいいか、実例的なものを見ながら説明しようと思います。イメージは京都の料亭とかそんな感じですかね。道路には門構えと看板だけあって、店へとつながる通路には照明が配してあってって感じのモノ。

October 5 2016 , Column

いろいろな場所を視察してきた最近、思っていることを少し。

人気の場所や通りには凄く人が溢れていてゆっくりと街や店を見ることができなくなってますよね。人が多くいて賑やかで活気があってそれはそれでまずは目指すべきところではあるんですが。ただそれでショップをじっくりと見れないというジレンマもあります。人がたくさんいるところが商売上良くて、でもじっくり商品を見て欲しい!または落ち着いてくつろいでほしいという場合どうするのか?という話です。

一つの提案としては、日本で独特の旗竿立地ってやつですね。道路には面してない建物があって細い通路のみで道路につながっているってやつです。今回はそれがどんな風にいいか、実例的なものを見ながら説明しようと思います。イメージは京都の料亭とかそんな感じですかね。道路には門構えと看板だけあって、店へとつながる通路には照明が配してあってって感じのモノ。

最初はLAのアボットキニー通り。ロスのダウンタウンから西へ高速道路をひた走りベニスビーチ方面へ。サンタモニカからは南へバスで。いかにも西海岸の抜けた視界がキモチイイLAらしいストリートです。例のブルーボトルコーヒーがあるトコですね。アボットキニーは一本道で裏通りもないのですが、表に面していない作り方でイイ感じになってるのがありまして、ちょっと紹介してみます。

001%e3%80%80%e3%82%a2%e3%83%9c%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%ad%e3%83%8b%e3%83%bc

こちらがアボットキニー通り。 すとーんとした一本道の通りで、面白い店がたくさん張り付いてます。基本的にお客さんは車で乗り付けたり、自転車で来たりってトコ。基本的に気取ってなくてフレンドリーな感じです。オーガニックとかヴィーガン的なカフェ/レストランが多くて、そういう傾向のショップが店を出してます。アメリカではその辺のニュアンスはスノッブな感じでもなくてアタリマエ風な装いです。そういう系のマーケットの規模も他の国と比べると大きくアボットキニーはその総本山的な雰囲気。あまりにも工業化しすぎた『食』への反動だと思います。

さて、奥まった店の例です。下の写真の正面、アーチ状のファサードが3つありますが、その中央のは両サイドと違ってオープンになっています。木が植えてあるのも見えると思います。歩道を歩いていると店がないのに気が付くようになってます。ここが『インテリゲンツィア・カフェ(Intelligentsia Cafe)』です。

02-intelligentsia-cafe-street

どんな風になっているかというとこんな感じ。

02-intelligentsia-cafe01

実際、正面はこんな感じになってます。ガラスの屋根が掛かってますので雨はかかりません(笑)。ちなみに看板もないのですが、このアプローチの様子からカフェだなとわかる仕組み。LAは乾燥してますから日陰に入るだけで十分涼しいですが、日本だと真夏はちょっと苦しいですね。

02-intelligentsia-cafe02

店内はちょっとした工場くらいの無機質な感じ。カウンターも作られておらずコーヒーマシンはむき出し。足元もフリーになっていてキッチンとは協会がない状態。日本だと保健所的に厳しいトコがあります。

02-intelligentsia-cafe03

こういうそっけない感じが一番今風かなぁ。デザインの傾向というより商売の傾向として『店』であるような風情を作りたくないんですよね。スタッフとお客さんという関係性でありたくないというのもあるだろうし、お金儲けをする施設ではなくコーヒーを作る場所でありたいというのもあるかな。個人の趣味が高じて出来上がったガレージっぽい感覚っていうのもある。いずれにせよ見ての通り!

次の店はジェリナ(Gjelina)。正面の黒いテントのお店がGTA(Gjelina Take Away )。ジェリナのテイクアウト専門店。人気のデリですね。朝8時からOPENしていて大繁盛のお店。昼からの人気はピザ!そのGTAの左側に植物の屋根が掛かった通路があります。そこが入口です。看板はないです。03-gta-01street

そこもどんな風かというとこんな感じ。看板もなくて一見なんなのかわからないですが、すごく興味を引くアプローチ!

03-gta02

アボットキニーはおよそ大抵こんな感じなんで。

続いてほかの路地を。本通りのショップを見ながら路地にも気を配って歩かないと見落としてしまう!ということになってしまってかなり挙動不審な観光客になってしまいますが気にせず行きましょう。すると、こんな店が!

04-the-harlot01

ンーんイイ感じ!スチールの板をカットした看板がイイ感じ。電飾の看板にするより日中は効果がでてるなー!チェーンもイカツくって世紀末風デザイン。奥に見えるテントとのコントラストがカッコいい。ピンク色の縁取りも空のトーンといいバランス。なんのお店かというとビューティーサロン。

04-the-harlot-02

HPの店内の写真とかもカッコいいです。さすがに中にまでは入らなかったのでわからなかったんですが個性的です。ステキ。

さて、場所を変えてヨーロッパはパリ。ロスでは路地を持った旗竿立地を見ましたけど、都市部ではどんなもんだろうということです。

街としてすでに隙間なくギッチギチに建物が建ってしまったパリの例。行き止まりの路地とか中庭の様な物件がオモシロイですね。パリだと伝統的に中庭を持ったアパルトマンが多くショップに区画を貸し出すことが(物件的に)あれば、こういったショップは出店可能です。

例えば、言わずと知れた「メルシー(Merci)」。ボーマルシェ大通りに面していますがカフェの体裁の真ん中に中庭に抜ける入口があってっていう構造。

05-merci-01

中庭部分には、言ったことない人でも知ってるチンクチェントが鎮座する中庭があってそこからメインの入り口。このワンステップがイイです!

05-merci-02

他にどんなのがイイかというと、同じくマレの「フラン・ブルジョア通り(Rue des Francs Bourgeois)」。写真でもわかるようにかなりの質のテナントが並びます。写真左側に「アクア・ディ・パルマ(Acqua di Parma)」があるんですがその手前には「ディプティーク(Diptyque)」なんかがあったりするんですが、そのディプティークの脇に中庭に入る入口があってそこに入るといいお店があったりします。

06-%e4%b8%ad%e5%ba%ad01street

アート本や写真を扱う「イエローコーナー(Yellow Korner)」があったりします。世界中に64店店あったりするんで、わざわざここで見なくてもいいようなもんですが、この雰囲気で見たいもんです。ちなみに東京にもありますが(笑)。冬なんで壁面の蔦は枯れちゃってるんですが夏場なら凄いでしょうね。石畳も堪らないです。

06-%e4%b8%ad%e5%ba%ad02

同じくマレ地区。「フラン・ブルジョア通り(Rue des Francs Bourgeois)」で上記のお向かいあたり。マックとかキールが並ぶ建物の中に入ってみるとあります。もう、通りに面した店よりも中庭に面した店の方が気になるくらい(笑)。

07-%e4%b8%ad%e5%ba%ad1%e3%80%80%e9%81%93%e8%b7%af%e5%81%b4%e3%81%8b%e3%82%89

そこに「ラピスィーヌ( La Piscine)」があります。中庭としてはちょっと小さ目。建物がそんなに大きくないのでその規模に合わせてこんなもんになってるんでしょう。中庭というよりショップの前庭くらいの構成になっています。知る人ぞ知る店としてひっそりとある感じがうまくできてます。

07-%e4%b8%ad%e5%ba%ad2%e3%80%80pische

「フラン・ブルジョア通り(Rue des Francs Bourgeois)」にはいろいろ見どころがあって、この「Centre Culturel Suisse」の入り口。かなり大きな建物になっていて、この細い道もクランクして奥へ奥へと続きます。その入り口わき。

08-%e6%97%97%e7%ab%bf01

パリは中心部はすっかりきれいになっていて、グラフィティなんて存在しないに等しいんですが、こういった中の道は別なんですね。

08-%e6%97%97%e7%ab%bf02

古着屋さんがあっったりなんかして。それにしてもかなりヤバい店です。キレてます(笑)。

08-%e6%97%97%e7%ab%bf03

表ではかなりキレイになってますが、こういうのが残ってるとちょっとうれしいですね。グラフィティが大好きというわけではないのですが、しかるべきところにはあってほしい(笑)。ちなみにこの店はWEBでも探せなかったので情報は無しです。

街中にありながら、探しにくい店。喧噪のなかの静寂。すごく高いクオリティーというか美意識を持っていてひっそりとあるような店がこういう立地でお店を出しています。旗竿立地と中庭物件。いずれも悪くすれば見えない場所という最悪のものかもしれませんが、WEBによって十分認知されるようになりましたしスマホのGPSでほぼ間違いなくたどり着けるような環境になった今としては、すごくいい立地なんじゃないでしょうかね?

 

 

Text: Koichiro Sato
Picture: Koichiro Sato

Data

Data

Intelligentsia Coffee

1331 Abbot Kinney Blvd.
Venice, California90291
310.399.1233
URL:www.intelligentsiacoffee.com

Data

Gjelina

1429 Abbot Kinney Blvd, Venice, CA 90291
+1 310-450-1429
8:00:~0:00:
URL:www.gjelina.com

Data

The Harlot

1641 Abbot Kinney Blvd, Venice, CA 90291
+1 310-399-6525
URL:www.theharlotsalon.com

Data

merci

111 Boulevard Beaumarchais, 75003 Paris
+33 1 42 77 00 33
10:00:~19:00
URL:www.merci-merci.com

Data

Yellow Korner

8 Rue des Francs Bourgeois, 75003 Paris,
+33 1 42 77 08 43
11:00:~19:30
URL:www.yellowkorner.com

Data

La Piscine

13 rue des Francs-Bourgeois 75004 Paris Marais, 4ème
+33 1 48 87 59 24
11:00-19:30
URL:lapiscine-paris.fr

Tags

Recommend