Web magazine exploring value in a unique and personalized creation of real life.
Web magazine exploring value in a unique
and personalized creation of real life.

まちの活性化、そして魅力づくりに取り組む八百屋さん

岡山の中心部、西川緑道公園沿いの池田促成青果ラボ。八百屋さんなのに八百屋に見えない不思議な店。名前も「ラボ」となっていて余計にわからない感じ!

August 7 2017 , Shop Report

01ikeda

岡山市の中心あたりを流れる西川沿いの公園。岡山駅から天満屋のある表町までのちょうど中間ぐらいにあって。緑と川のせせらぎの心地よい公園。西川緑道公園(上流)、西川緑道公園、枝川緑道公園の3つの区域に分けて整備された全長2.4キロメートルとなかなかの規模。ざっと歩いてみた感じではこのあたりがわりとイイ感じの店が多いような感じでしょうか。

岡山での打ち合わせの後、何かいい店がないものかと散策していて発見したおもしろいお店。八百屋さんなのに八百屋に見えない不思議な店。名前も「ラボ」となっていて余計にわからない感じ。

02ikeda

実はこちらは市場で卸をされていて、岡山市中心部にある約100店舗の飲食店に野菜を卸しており、合わせて店舗での販売もしているとのこと。店は普通にご商売もされているんですが、夜にはワークショップをしてみたりイベントの拠点にしてみたりといろいろな用途に使えるようにこんなデザインになっているとのこと。農家と消費者をつなげる様々な「実験」を行う場所だからラボなんですね!

03ikeda

 

04ikeda

店内には大きなテーブルがあり、右手に若干棚があります。今日は商品のほとんどが出てしまったので、ざるにいくらか残るばかり。

ウォークインの冷蔵庫とシンク、コンロがあって厨房のような作りで、壁面は木毛セメント板。かなり難易度の高いおしゃれさ。

西川緑道公園沿いにはイイ感じの飲食店が並んでいるのですが、商店会・振興会的なものがなく街の中心にありながら求心力として働かなかったということです。そうした状況で池田促成青果有限会社さんがお店同士を繋げていく役を買って出たのだそうで。

 

05ikeda

 

イベントを仕掛け、まちの活性化、そして魅力づくりに取り組むという活動の拠点になっています。

そうした活動のひとつが、西川緑道公園界隈の45のショップが参加する「街歩きと飲み歩き」のイベント「ハレノミーノ」です。前売り3,500円、当日4,000円で5枚つづりの前売りチケットを参加しているお店で一枚渡せば、各店舗独自の飲み物1杯と、1皿の料理をだしてくれるというもの。5件のお店を1件当たり前売りなら700円で回れるシステムですから、気になっていたお店をチェックするのに最高のシステム!2016年で9回を数えたイベントですが、さすが「晴れの国岡山」、屋外で飲む方が気持ちイイですよね。

http://no9.harenomi.com/

 

街の仕掛けや活性化をいろいろ考えることも多いのですが、すごく参考になる事例です。

 

Text: Koichiro Sato
Picture: Koichiro Sato

Shop Data

Shop data

池田促成青果ラボ

住所:
岡山県岡山市北区本町9-13  
TEL:086-223-3241

Tags

Recommend