Web magazine exploring value in a unique and personalized creation of real life.
Web magazine exploring value in a unique
and personalized creation of real life.

バス停をそのままカフェにした「BUS STOP CAFE」のアイデアは日本の旅のカタチを革新させる可能性がある。

味気ないバスの待ち時間をここまでクリエイティブにするアイデアに脱帽。トラベルシーンがこれからさらに面白くなることを予感させる博多駅の「BUS STOP CAFE LIFE IS A JOURNEY」

March 21 2017 , Shop Report

04-independ-007

 

まさか滞在中ずっと雨になるとは思っていなかった久しぶりの博多では、この取材が行われる3週間ほど前に世間を騒がせた大通りの巨大陥没事故が起こったものの、またたく間の復旧に国内外から賞賛の声があがったのでした。

この出来事が象徴するように福岡という街は、古き良き縦社会が残っており、今回で言えば地元出身の大臣による鶴のひと声で役所から工事を請け負う建設会社、その下請けまでが理路整然と迅速に動くことができたのでした。災害現場の後処理も見事でしたが、本来は複雑怪奇であるはずの各セクションの決定過程、指示系統などが危機管理の手本とも言えるくらい素早い流れでした。

 

12-independ-007

このような事故がもし他の街で起きたとしても、ここまで素早い復旧は実現しなかったでしょう。それがたとえ東京だったとしても。

博多はアジアを代表するハブ都市として世界から旅行者を集めている。

さて、博多という街は新幹線によって本州と九州各地、そして地下鉄で二駅という恵まれた距離で国際空港へ接続できる日本でも稀なハブ都市です。近年はLCCが充実したことで東アジアからの観光客が激増していることもあり、福岡に来日してそこから日本各地へ移動する、そんな旅行の仕方がスタンダードになっています。

 

08-independ-007

01-independ-007

 

今回紹介する「BUS STOP CAFE」はそんなハブ都市福岡を象徴するようなカフェです。名前を直訳するとバス停の喫茶店・・まさに名前の通り、高速バスのラウンジとカフェが一体となったユニークなお店です。

場所はJR博多駅の筑紫口にある高速バス乗り場で、空港から直結している地下鉄東6番出口のすぐ目の前にありますから立地については文句の付け所がありません。

僕がこのお店を取材する前は、空港のラウンジ的で簡易的な喫茶スペースが少しだけオシャレになった程度にイメージをしていました。

 

07-independ-007

ところが良い意味でそのイメージは覆されることになります。

 

 

BUS STOP CAFEの店内。

もはやバスの待合室であることを疑いたくなるほど立派なカフェとして、細部にまでこだわりがある店舗になっておりました。打ちっ放しのコンクリート、アンティークな照明、ナチュラルな家具、装飾、食器、そしてスタッフさんのユニホームに至るまでデザインワークが行き届いています。

BGMのセンスも抜群で旅立つ前の高揚感を盛り上げてくれるアッパーな洋楽が流れています。

 

02-independ-007

BUS STOP CAFEは日本のカフェ文化が成熟期に入ったことの証明となる。

そのこだわりはメニューにもしっかりと繁栄されており、ランチタイムではサラダビュッフェで食事ができるほどフード系も充実しています。肉の街博多らしくステーキ、ハンバーグを中心に九州産の野菜をふんだんにつかったパスタやピザなど、本格イタリアンを味わうことができます。

もはやここまで来ると本当に高速バスのラウンジなのか?と本格的な疑いの念が頭をよぎってきたので店内を散策してみますと・・

 

05-independ-007

 

出発案内を告げるボードと、高速バスのチケットを購入できるカウンターがちゃんと存在しておりました。鹿児島、宮崎、大分、長崎、熊本、佐賀。大阪、神戸、四国、東京・・ここから九州と日本各地へ旅立つことが出来るのです。

出発時刻が近くなると集合を促すアナウンスが流れ、お店の目の前にある乗り場からバスへ乗り込むことになります。この場面を目にする時、まぎれもなくここがバスの待合室であることを実感します。

そして多様化した日本のカフェ文化の面白さを体験することができるでしょう。

03-independ-007

11-independ-007

06-independ-007

 

こんなユニークなカフェを運営しているのが「株式会社ロイヤルホリデー」という大阪にある旅行会社で、本来なら味気ないバスの待ち時間をここまでクリエイティブにするアイデアに脱帽です。そして日本のトラベルシーンがこれからさらに面白くなることを予感せずにはいられません。

ラウンジでMacBookを叩きながら出発を待つ旅人。

これから何時間もバスに乗って目的地へ向かう前の休息・・

どうかよい旅を。

 

10-independ-007

 

そして次の博多旅は、僕もここから東京へ帰るとしよう。

Text: Kazuaki Tani
Picture: Kazuaki Tani

Shop Data

Shop data

BUS STOP CAFE LIFE IS A JOURNEY

住所:
福岡県福岡市博多区博多駅東 1-12-1
TEL:092-433-1012 公式サイト:www.bs-cafe.jp

Tags

Recommend