Web magazine exploring value in a unique and personalized creation of real life.
Web magazine exploring value in a unique
and personalized creation of real life.

全国の酒蔵の皆様、スペシャルなワンカップを作りませんか!

従来はガラスの『ワンカップ』ですが、陶器で作ってみました!いままでは安物にしか見えなかったデザインがすごいものに!

April 25 2017 , Value Creation Project

前回に引き続いて、“independ”のものづくりのプロジェクトとして進めてきた「Value Creation Project」からのお知らせです。タイルメーカーであるDINAONEさんと進めてきた“NOT GLASS BUT CERAMIC”についても次のステージに突入することをお知らせしなければなりません。

試行錯誤の末、ワンカップのデザインを陶器で再現することができました。

 

01ceramic onecup

 

売り上げ低迷が続いていた日本酒業界で作られた画期的なデザインである「ワンカップ」ですが、従来はガラスでした。最近ではアルミのモノや紙パックなどバリエーションが出てきていますが、容器としての機能性だけでいいのか?という疑問から開発が始まりました。

日本にはたくさんの焼き物の種類がありたくさんの産地があるわけですが、日本酒の産地の入れ物が作れるのではないかと考えています。地酒など様々な趣向を凝らしたデザインのモノが出ていますが、そうしたもののプラットフォームになるデザインとしてワンカップの形態をフィーチャーしたものです。

無機質でシンプルなフォルムは持ち帰ってキャニスターに使えるグッドデザインですね。

01ceramic onecup prototype

最初プロトタイプでは全部に釉薬をかけて焼いてみました。すっきりとシンプルな形状がライフスタイル系のニュアンスを醸し出しています。焼き締るので従来のサイズに合わせるのが一苦労でしたが完璧に再現しました。このままでも十分に質感を持っていて「かわいい」デザインだと思います。素材を変えるだけでこんなに感じ方が違うものかと改めて感心しました。

 

ただ、せっかくの陶器なので無釉で仕上げてみるかと第二弾でつくってみたのが一枚目の写真にあるように素焼きで仕上げたもの。素朴なざりっとした質感を残したもので陶器らしさが素晴らしい出来。使い方を考慮してその内側だけ施釉してあります。

01ceramic onecup detail

 

そこで告知ですが、全国の酒蔵の皆様!プレステージなワンカップを作ってみませんか!工場でワンカップのラインをお持ちであればそのまま使えると思います。実際はできるかどうか試してみてからになると思いますがいかがでしょうか?independとDINAONEと一緒にプレステージワンカップにチャレンジしませんか?

カップにはお好みのデザインを入れることができます。デザインも受け付けいたします!

記念品に会社のロゴを入れた祝い酒はいかがでしょう?そうしたことにいっしょに取り組んでいただける酒造メーカーさんいらっしゃいませんか?

全国でたくさんの“プレステージ・ワンカップ”が生まれたら、コレクターズアイテムになりませんか?それから、全部集めたポップアップショップがやりたいですね!是非、independのコンタクトフォームからご相談ください!

Text: Koichiro Sato
Picture: Dinaone

Data

Data

ダイナワン

ダイナワンは「ブランドを企業資産」と考え、永い歴史の中で築かれたタイルの高いデザイン・機能・安全性を、更に優れたハイクオリティな商品として開発し、新しい需要を創造して創出していきます。
プロフェッショナルとしてお客様に満足いただけることが私たちの満足と考え、良きパートナーとしてともに発展し、人と環境に優しい「ホスピタリティな心を持つ企業」「規範を守り信頼される企業」として社会に貢献いたします。

URL:www.dinaone.co.jp

Tags

Recommend